QLEAR—Quantum Leader Resource

プログラムの特徴Feature

HOMEプログラムの特徴

科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業

本事業は、文部科学省の「科学技術イノベーション創出に向けた大学フェローシップ創設事業」の一環として、研究に対する意欲を有し、将来の我が国の科学技術・イノベーション創出の重要な担い手となる博士後期課程進学者に対し、研究専念支援金と研究費の支給と、博士後期課程修了後に安定的で研究に専念できる環境を提供できるポスト確保に取り組むものです。本事業では大阪大学で推進されている最先端量子研究に携わる多くの博士後期課程学生を幅広く支援の対象とします。支給対象学生に一層研究に集中して世界トップレベルの研究成果が達成できる研究環境を与えるとともに企業や関連研究機関との共同研究を通じて、研究力向上とキャリアパスの確保につなげます。

 

【名称】

  大阪大学フェローシップ「量子リーダー人材」

  略称:QLEARフェローシップ  (Quantum LEAder Resource)

【期間】

  令和2年3月~令和9年度

【目標】

本フェローシップの活動を通じて、「量子」の高い専門性と産学連携の精神を備え、将来、社会の様々な分野において、量子の研究とその成果の社会実装でイノベーションを牽引する量子リーダー人材を育成します。

【求める人材像】

大学院課程では量子の最先端研究に主体的に取り組み、本事業を通じて量子リーダー人材として研鑽を積むことと、大学院課程終了後も量子に関連する業務や研究活動に従事し、将来、量子技術イノベーションを通じて社会に貢献することに強い意欲を持つ人材を募集します。

【支援内容】

履修生サポート」をご参照ください

【フェローシップにおける活動】

活動内容」をご参照ください

PAGETOP