QLEAR—Quantum Leader Resource

活動報告Activity Reports

HOME活動報告

海外共同研究体験談

QLEARフェローシップでは、「量子」の高い専門性と産学連携の精神を備え、将来、社会の様々な分野において、量子の研究とその成果の社会実装でイノベーションを牽引する量子リーダー人材の育成を目標としています。

その中で、海外での共同研究を希望する方について、毎年1~2名の提案を選考により採択し、海外の量子技術研究拠点とQLEARフェローシップ生の共同研究を支援しています。

2021年度海外共同研究に参加されたフェロ-シップ生より、体験者談が届きました。

海外共同研究を検討している方など、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

海外共同研究体験談

氏名:Sun Siyuan

海外共同研究機関:Imperial College London

国名:United Kingdom

期間:2021.12.01-2022.02.28

 

・海外共同研究しようとしたきっかけは?

    It was the time that my study should be applied into simulation framework, which the software group of our experiment is at Imperial College London. I saw the invitation of joint research support from QLEAR office, I immediately decided to apply for it.

 

・海外共同研究で渡航までに準備したことは?

    I needed to contact the professor at UK asking if he will accept me as a joint researcher, then prepare for VISA, buying flight ticket, insurance, also PCR test as the special period for COVID. The most time-costing part is finding accommodation.

 

・実際に海外共同研究してみてどう感じましたか?

    It was a great experience. The difference of culture between Europe and Asia impact me a lot. I met many brilliant students at Imperial College London, and they are all very friendly. I fill it’s more efficient to work there.

 

・海外共同研究中の研究の面白さ・苦労した事は?    

    The attitude to research at Imperial College London is very different. PhD students are very happy to ask dumb questions, they just ask what they don’t know or forgot, which I feel a little hard to do so.

 

・先生や研究員などとの交流などはどんな感じでしたか?

    Yoshi is a very friendly person. I feel relax when talking with him, I can say what I exactly want to say, he will give me advice as a friend, instead of as a professor, or boss.

 

・海外共同研究中の生活環境はどうでしたか?住居の手配、物価、休暇の過ごし方等は?

    To be honest the environment of where I lived is not so good. I was a share house living with the owner, I chose it because it was cheap so that I can afford with the limited travel budget. The daily cost is also higher than Japan.

 

・海外共同研究を終えて変化したことは?

 Firstly, I feel my English is improved a little, that of course because I talked with UK people. I also became a better programmer after working there, which will help me to do my research more efficiently.

 

・海外共同研究での経験が帰国後どのように役立っていますか?

    What most impact me is the working style difference between UK and Japan, now I can research more efficiently without wasting time on doing things that doesn’t matter. I would like to suggest our Lab. also change the working style.

 

・海外共同研究での体験をどのように将来に生かしますか?

    I will consider finding a postdoc position at Europe. I only thought about finding a postdoc at Japan before I went to UK, but now I changed my mind.

 

・海外共同研究を検討している方々へのアドバイスやメッセージをお願いします。

    I think it’s a good chance to study abroad, see different culture, work with different people, and you will have new ideas and considerations. It’s also a good chance that you can seek the potential career path, widen the choices you can make after your graduated.

    Most important, be brave. If you are hesitating whether apply for joint research, just do it and see what happens.

 

 

 

                                               

2022年度フェロ-シップ新入生ガイダンス

新入生ガイダンスを2022年4月19日(火)13時30分から吹田キャンパス産業科学研究所講堂にて開催いたしました。新入生21名が新たにフェローシップのメンバーに加わりました。

はじめに、プログラムコーディネーターの大岩先生からご挨拶をいただき、フェローシップメンバーの簡単な自己紹介のあと、フェローシップ採用決定通知の授与を行いました。その後、長谷川先生より、フェローシップの内容についてや奨学金の受給方法について、説明いただきました。

2021年度研究者交流会を開催いたしました。

令和438()に大阪大学豊中キャンパス南部陽一郎ホールにて、令和3年度研究者交流会をハイブリッド形式(口頭講演:南部陽一郎ホールおよびオンライン、ポスター発表:オンライン)にて開催いたしました。

プログラム内容は、招待講演2件、フェローシップ生の成果発表(口頭発表4件,ポスター発表24件)であり、外部から招待講演者を迎えるととともに、量子ソフトウェア研究拠点に参画する外部企業研究者にも周知し、外部研究者と交流を図り、口頭講演には68名の参加者(大学院生40名、教員および研究者28名)、ポスター発表には65名の参加者(大学院生33名、教員および研究者32名)を得て実施いたしました。

2021年度 要旨集

2021年度QLEARフェローシップ受給者の要旨集を公開いたします。

こちらよりダウンロードしてください。

QLEAR2021研究者交流会予稿集

※ダウンロードにはパスワードが必要です。

PAGETOP